眼精疲労はサプリメントで解決|目にいい成分がいっぱい

シニア

女性ホルモン減少の対策

漢方

最近ではいろんな名前の栄養素があり、聞いたときはその効果を期待して摂取しますが、時が経つと何に効果があるのかわからなくなってしまいます。さらに毎年いろんな新しい栄養素が増えている感じです。そんな状況ですが最近、エクオールという成分が注目を浴びています。エクオールは、大豆製品を食べたときに体の中で作られる成分で女性ホルモンに似た働きをするものです。主に女性の更年期障害緩和、シワなどの老化予防、骨密度の低下を抑えるといった効果があるといわれていますが、男性でも強い男性ホルモンの影響で起こるAGAなどに効果があるといわれています。大豆製品を食べることで体内で生成されたエクオールにより、女性ホルモンが少ないことで起こる症状に直接効くということになります。

通常エクオールは、腸内細菌の働きで、食べた大豆製品(大豆イソフラボン)を変換して生成されます。しかし、この働きをしてくれる腸内細菌は個人差があり、作れる人の割合は日本人では50〜60%といわれています。これは、尿検査で調べることができ、ソイチェックと呼ばれています。エクオールを作ることができるかどうかは、食生活に関係があると言われていて、日本人でも若い人より年配の人の方が優れています。当然ですが人種によっても違いがあります。ということは、今後研究によってどう変わるかわかりませんが、今現在、エクオールを作れない人は、作れる人に比べてその効果を得ることができないということになります。そして、これからもそれが続くということになります。その問題の解決としてサプリメントで販売され話題となっています。